ピリカレって知ってます?

ピリカレって知ってます?
最近買ったもののひとつです。
というより、正確に言うと彼女が買って持ってきたんですけどね。

ピリカレというのは、一見すると普通の粉石けんなんですけど、「純石鹸分(60%)、脂肪酸ナトリウム、炭酸塩」で

ごく普通の廃油石けんと同じ成分にプラスして抗酸化溶液という特殊酵素がふんだんに使われているらしいです。

で、何がすごいかっていうと、この粉を水に溶かして洗濯石鹸として使うのが通常の使い道らしいんですが、ほかにも食器洗い、床磨き、トイレ洗剤、消臭剤にも使えて車の洗浄にも効果があり・・

しかも、

歯磨きにも使えるんだそうです。液体は流すと、川がきれいになるなどで、環境にもいいらしい。すごいですよね。

というか、すごすぎて、逆に怪しいですよね。彼女が感動して、インターネットで買ったらしくありがたいことに、僕の家にもおすそ分けで、ピリカレ液を持ってきてくれました。

かなり、嬉しかったのか、販売員なみに、興奮気味にピリカレのよさを説明して色んなところに、しゅっしゅっ振りかけていました(苦笑)

でも、たしかに、、、
かなり、汚れきれいになっている。 それに、床がワックスかけてみたいにツヤが出てるし。ちょっと、びっくりしました。

彼女のピリカレ掃除ブーム・・・まだまだ続きそうです・・・

電化製品のトレンド

電化製品というのは次から次へと新しいものが出て、買い換えなければならないというプレッシャーにかられがちなものの一つではないでしょうか。特に、私の親の世代はその傾向が強いように思います。
音楽プレイヤー一つ取っても、大判のレコードからカセットテープ、そのあとがMDだったか…。

それらのプレイヤーもその都度販売されて来ましたが、いまだに販売されているCDのプレイヤーの方、CDウォークマンなどは時代の遺物になってしまっています。我々の歴史の中でこれほど機器の変化の激しい時代が訪れたのは恐らく今回が初めてだった訳で、その都度消費者は数年で別のプレイヤーが主流になるであろうなどと言うことは考えもしなかったはずです。

そして今やCDよりもダウンロードが主流となっています。現在では、ビデオからDVD、ブルーレイへの変遷のようにどんどん変化していくであろう事はほとんどの人が分かっています。

分かってはいてもその都度その時のものを購入するしかないというのが多くの人が抱えるジレンマではないでしょうか。
いっそ持たない事に決めてしまうという人々も出現しているようですが、自分はまだ割りきれずにいます。

生産消費の強迫観念から抜け出したい気持ちもなくはありません。

あっ、今年もよろしくお願いいたします!