電化製品のトレンド

電化製品というのは次から次へと新しいものが出て、買い換えなければならないというプレッシャーにかられがちなものの一つではないでしょうか。特に、私の親の世代はその傾向が強いように思います。
音楽プレイヤー一つ取っても、大判のレコードからカセットテープ、そのあとがMDだったか…。

それらのプレイヤーもその都度販売されて来ましたが、いまだに販売されているCDのプレイヤーの方、CDウォークマンなどは時代の遺物になってしまっています。我々の歴史の中でこれほど機器の変化の激しい時代が訪れたのは恐らく今回が初めてだった訳で、その都度消費者は数年で別のプレイヤーが主流になるであろうなどと言うことは考えもしなかったはずです。

そして今やCDよりもダウンロードが主流となっています。現在では、ビデオからDVD、ブルーレイへの変遷のようにどんどん変化していくであろう事はほとんどの人が分かっています。

分かってはいてもその都度その時のものを購入するしかないというのが多くの人が抱えるジレンマではないでしょうか。
いっそ持たない事に決めてしまうという人々も出現しているようですが、自分はまだ割りきれずにいます。

生産消費の強迫観念から抜け出したい気持ちもなくはありません。

あっ、今年もよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*