毎年毎年大流行するが毎年時期が異なるインフルエンザ

今年もニュースでインフルエンザ大流行と報じています。毎年毎年大流行しますが時期が毎年違うんですよね。少し暖かくなってから流行ったり、とても寒い時期に流行ったりと。年によってバラバラですよね。

予防接種を打つ人もいるみたいですが、私は注射が大嫌いなので予防接種は打っていません。第一、重傷化しないように予防接種するとかって言いますが、インフルエンザ罹っただけで、結構重症ですよね。

毎年予防接種打った人に限ってインフルエンザで1週間とか休んでるから、結局、あまり効果がないと私は思っています。ネットで検索したら、私と同じ意見の人がいるらしく、科学的にも実験とかされててきちんと実証されていました。

しかもワクチンの効果は6ヶ月もつなどと言いますが、実際には3ケ月しかもたないと言う説もあり、早い人で10月くらいには予防接種をするので、
効果があまりないとか。

では、なぜ予防接種をするのかといえば、作ってしまったワクチンが残ってしまったら、赤字になるから、という商業ベースらしいです。それでいいのでしょうか。

私は商業ベースに乗せられたくないという理由もあり注射はしません。

あと、高いですよね。病院によって価格が違うのにも納得いきませんが3000円くらいするとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*