線路沿いに住む3つの適性とは

東京や大阪など、かなり過密で電車が多い場所であれば、住宅のぎりぎりのところを線路が走っている光景は珍しいものではありません。線路沿いはデメリットもいろいろとありますが、適正がある方にはおすすめできる環境とも言えます。

なんといっても通常の物件と比べると家賃は2割、3割は安いケースが多いためです。では、どういう人であれば線路沿いに住んでも後悔しないのか、考えてみましょう。

1. 騒音が気にならない
線路の近くに住む、ということは、電車が走る騒音と隣り合わせるということです。つまり、相当にうるさいです。程度にもよりますが、隣の人の話が騒音で聞こえない、テレビの音、電話の話し声が聞こえないことも多々あります。さらに、東京や大阪であれば夜遅くまで電車が走っていますし、路線によっては線路を保守するための電車が、通常の運転終了後でも走っていることがあります。騒音が苦手な方は寝不足になってしまうような環境です。

ただ、「数ヶ月すればなれて気にならなくなる」という意見もありますので、気にならなくなれば家賃が安い分メリットがあります。

2. 振動が気にならない
振動も大きな問題です。あれだけ大きな電車が何両も高速で走るわけですから、場所によっては大きな振動があります。以前、一橋大学に通学していた友人の家に行ったときのことです。彼はJR中央線沿いに住んでいたのですが、電車が通るたびにコップの水が振動で震えていました。とはいえ、コップがひっくり返るという程度のものではないので、これも慣れれば気にならないとも言えます。

3. 事故の可能性が小さいと思える
2005年のJR西日本福知山線の脱線事故では、速度を出しすぎた電車が脱線し、線路沿いのマンションに突っ込みました。マンション住民で負傷、また亡くなられた方はいませんでしたが、一歩間違えばマンション住民に大きな犠牲がでてもおかしくない状況でした。
万が一の事故が起こりえる環境に住むことが気になるか、それとも飛行機事故みたいなもので確率が低いから大丈夫だと思えるか。後者であれば適性ありです。

前記の一橋大学の友人いわく、「周囲の普通の物件より3割くらい安かった。2ヶ月くらいで気にならなくなったし、もともとどんな環境でも寝られる体質なので、とてもお買い得だと思う。ただ、彼女を連れてくるのは、ちょっと気が引けるなあ」とのことでした。線路沿い物件、意外に良いかもしれませんよ!

我が家のペットボトルのリサイクル方法

いらなくなったものやゴミをそのまま捨てないで、
もう一度利用する。「リサイクル」

「リサイクル」と聞くと
ペットボトル、ジュースやビールの空缶、
空きびん、新聞紙などが思いつきますよね。

ゴミ問題の解決のために進められているリサイクルだけど、
資源に加工するための費用が高くついたり
エネルギーを消費することが問題になっているんだそうです。
そのため、環境にやさしいリサイクル技術の研究が進められているとか。

新聞紙やペットボトルをリサイクルして、Tシャツやトイレットペーパー
になっていたりしますよね。
私も、よく、リサイクルして作った、ECOをキャッチフレーズにした
商品をよくみかけます。 
薬局でも、再生紙のトイレットペーパーなども売っています
紙の質は多少硬いですけど、ぜんぜん問題ないし、
それに、値段も安いので、よく利用しています。

でも、こういったリサイクル商品も資源を加工するために、
かなりのお金が使われているんですね。
結局そのために、消費されるエネルギーで環境に影響が出てしまっていたりと
なかなか、難しいのかなと感じます。

私は、ペットボトルは捨てずに、そのまま再利用します。
ミネラルウォーターが入った2リットルのペットボトルは
そのまま、とって置いて、米のとぎ汁をいれておいたりします。

米のとぎ汁は、大根を煮るときに
灰汁をとってくれるので、とっておくととても、便利なんです。

大根の余った皮を、くつくつと煮出して
味噌汁の出しに使ったりもします。 こういうときもペットボトルの再利用。
こんな風に、自分の家でリサイクルできると
加工する手間も費用もかからないし、一番いいのかなぁと思ってます。

さいきん、一番おもしろかったペットボトルのリサイクル方法は
ペットボトルで作る、カメムシキャッチャーです。
あの臭い匂いが出るカメムシ。
取るのが大変なんですよね。
500mlのペットボトルのペットボトルの一番太くなっている部分を
カッターで輪切りにします。
二つに別れたら、フタがついていたほうをひっくり返し、本体にはめ込みます。
ガムテープで止めて完成☆
広く開いた口で、カメムシを捕まえて、中に閉じ込めると
匂いで攻撃されることなく、捕まえることができるんです。

捕まえあとは、ちゃんと草むらに、優しく戻してあげますよ☆

田舎ならではのリサイクル方法でした♪

エコといえば今私はオゾン発生器にハマっていますw

これが結構いいんです!

健康やエコに興味がある人は一度オゾン発生器やオゾンそのものについてチェックしてみてください♪

横浜ブログ『東京純豆腐』

大好きなんですよね。 『東京純豆腐』
もう、一人で何度も通ってしまいます。
通い続けて、もう5年は経つかな?
最近は、色んなところに出てきましたよね。

初めては、会社の上司に教えてもらって、美味しい韓国料理屋はないか?って聞いたら、韓国料理と言えるかは分からないけど・・・とここを紹介してもらったんです。

あつあつの鉄鍋に、豚肉やらキムチやらが入ったスンドゥブ(スープ)が運ばれてきて、ご飯と一緒に食べます。

トッピングが選べて、辛さが選べて、最高。根菜を入れるのが好きです。 僕の彼女は、ベジタリアンなので、なかなかここには一緒にこれないんですよ。昔は、よく一緒に来たなぁー。

大体、一人でよくきますごま坦々スンドゥブがめちゃめちゃ美味しかったです。

韓国料理が好きです。
以前、韓国に旅行に2回ほど行ったりもしたんですけど、なぜだろう?
日本で食べる韓国料理の方が美味しく感じてしまうんですよね。

日本にはどの国の料理もあって、すべて、日本風に味を調えるのが上手な文化だと言われているからでしょうかね。どの国に行っても、日本で食べる料理が一番美味しく感じます。

あ。でも、カレーだけは、インドで食べたほうが美味しかったな。本場ですね。