日本酒『得月』がとても美味しかった話し

食事の時は、日本酒を頼んでみました。
僕は、旅行に行くときは、なるべく、宿で出している日本酒を頼むことにしています
そこでしか出していない、地酒に出会える可能性が高いですし
やっぱり、旅館で日本酒を飲むって、それだけでワクワクして楽しんですよね。

湯上りに、ビールを飲んで
浴衣に着替えて、日本酒をちびちび飲む。
家で飲んでるのとは全く違う、時間を忘れてゆっくりと
酔える喜び。 本当に僕にとっては至福の瞬間です。

仕事が忙しいからこそ、日常から離れる時間を作って
自分の感覚を研ぎ澄まして、好きなものにふれるっていいですよね。

ということで、、、
今回は・・・日本酒『得月』(純米大吟醸)を頼んでみました。
新潟県産米「ゆきの精」を精米歩合28%にまで磨き上げたお酒。
真珠のように磨かれた米の姿はまるで輝く月のようです。
気品ある香味と優しい味わい。 と書いてありました。

少し、値がはりましたが・・・おいしかったです。
久保田とかと比べると、ぐぐぐーーと強く濃く香りが一気にくる。
ごくごく、水のように飲める日本酒とは違う
ゆっくりと含みながら味わいたくなる香り高い日本酒です。
一見、すごく強い日本酒だなと感じるんですけど
あとあと、ふんわりと甘く優しい香りがやってきて癖になります。
ぼくは、結構好きですね。

http://www.asahi-shuzo.co.jp/season/tokugetsu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*