突然の○○とその対処法

朝、電車の中での出来事です。

その日私は、いつも通りに準備をして、出掛ける準備をしていました。

それから、車に乗り駅に向かったのですか、途中で突然の腹痛が!

駅まで我慢してトイレに行こうと考え、無事に駅まで着いたのですが、気付くとその頃には腹痛は治まっていたので、私はそのまま電車に乗りました。

電車が発車時間になり、進み始めると
再び腹痛に襲われました。

出発してからたった5分後、そして乗り換えまでは40分近くありました。

しかし、数分経つと痛みは治まり、また数分経つと痛みに襲われ、途中の駅で降りようとも考えましたが、待ち合わせの時間があったため、我慢を続けました。

そこで私は、インターネットで、電車内で突然の腹痛に襲われた時の対処法を調べてみました。

そこで、腹痛に襲われた大半の人は、神に願うという面白い記事があったりしましたが、肝心な実際に効く対処法は、まず深呼吸をして落ち着くことだそうです。

それから、中指と薬指の付け根の骨の間のツボを強く押すことで、痛みから解消かれるのだとか。

実際に試してみたところ、ツボを押す対処法は何とも言えない感じでした…。

そうこうしている内に、乗り換えの駅に到着し、無事に私はトイレへ行くことができました。

乗り換えにも時間の余裕があったので、待ち合わせの時間にも間に合い、その後はお腹の調子もいつも通りでした。

人間ドッグで健康管理

人間ドック

20代でも30代でも、それ以降の年齢であっても人間ドッグは大切です。

人間ドッグへ行くこともそうですが、何よりも健康に注意するのが大事なんですよ。

大きな仕事で絶対に成し遂げないといけない時に病気になったら、自分だけでなく周りにも迷惑を掛けます。そうならないためにも、常日頃から健康に気を配らないといけないんです。

それでも、病気になる時はなってしまいます。だからこそ人間ドッグを受けて、病気の兆候や早期発見により健康へ軌道修正しないといけないんです。もう、すっごい大事なことなんですよ。

と言うのも、先日同僚が胃潰瘍で倒れてしまったのです。職場で少し吐血するぐらいやばい状況だったらしいです。人伝に聞いた話なのでどれだけ血を吐いたかは分からないですが、かなりの衝撃ですよね。

血が苦手な人は不快になりますし、やはり人が倒れる様は精神的にダメージを与えます。周囲に迷惑を掛けないように、事前に休むなりするべきでしたね。そして、もっと前には胃潰瘍にならない体調管理が必要です。

まあ、仕事や周囲への配慮は必要ですが、最も大切なのは自分の命です。無茶ばかりする同僚には、お見舞いついでに説教してやろうと思います(笑)

命に別状はない状態らしいので、本当に良かったですよ。