最近若い人達があまり運動しなくなっている

私は40代の独身男性で学生時代の時はサッカー部に所属していて運動をする習慣がありました。学生時代の時は休み時間などにサッカーなど運動をしたりする他に友人でテレビでサッカーや野球の試合を観戦するなどスポーツを中心とした生活を送っていました。また私だけではなく同世代の人達はみんなスポーツが好きでしたので運動をする人が多かったという印象がありました。

40代になった今でも週末の夜に学生時代の友人と月1回のペースでフットサルをしています。フットサルはフットサル場にあるコートをレンタルして2時間するという形ですが、フットサル場でフットサルをしている時に感じる事があります。それでフットサル場でフットサルをしている時に隣のコートなどを見てみるとみんな私と同世代ぐらいの人達ばかりで若い人がほとんどいないという点でした。フットサルなど運動量の激しい運動は若い人の方が体力があるのでする人も多いような気がしますけど、最近の若い人達はあまり運動をする習慣がないような印象も受けました。

私達が学生時代の時はインターネットやスマートフォンが普及していなかったので他の娯楽があまりなくて運動する事が好きな人が多かったのですが、最近ではインターネットやスマートフォンが普及してきた事によって運動以外にする事もたくさん出てきてしまいました。そのためフットサルなど運動をする人が以前より減ってきているような印象も受けました。

今まで若い人は運動をよくしていたせいか筋肉が付いていて体型の良い人が多いという印象でしたが、最近の若い人達の体型は比較的細い人が多いという印象を受けました。そのため老後になってくると体力的にきつくなってくるのではないかと心配にもなってしまいます。

何をして楽しむかは人それぞれ違うので構いませんが、若い人達が運動をしなくなっているというのは少し寂しい気もするので少しはフットサルなどみんなで運動を楽しんでもらいたいと気持ちにはなりました。

スロージューサー、おもしろい!

実家に久しぶりに帰ると、父の家庭菜園でジャングルのように生えていたという「セロリ」が持ち帰られてきました。
実家には父と母の二人きりですので、そんなに沢山セロリばかりも食べられません。

子供達に送ったり、ご近所に配ったりしているのですが、それでも余り気味でどうしたものか・・・。

「とにかくジュースにして飲みまくる!」ことを思いついた私はクビンスのスロージューサーを荷物と一緒に持ち帰り、両親に使ってもらうことにしました。

このスロージューサーは普通のジューサーとは違って低速でぎゅーっと搾るジューサーで出来上がりはサラっとした感じ。ジュースが出てくるのとは反対側の口から搾りきった後の繊維質が分離して出てくるという仕組みです。

これでジュースにして飲むと、普通に生で食べた時よりも吸収率が高く、体内に吸収する時間も速いということです。リンゴやオレンジは想像以上においしいのですが、さて、このセロリはいかに!

もう食べることが出来ない下の方のタチガチの茎だけをあらかじめ包丁で小さ目に切って、ジューサーに投入してみました。あの固い茎もギュッとすりつぶして隣からセロリのジュースが出てきます。

これには感動しました。このセロリの茎ジュースと同量のリンゴジュースを混ぜて飲むと、少しトマトに似た味のさわやかなジュースになりました。このクビンスのスロージューサー、我が家にも欲しくなったのでもう一台購入する予定です。

セロリの固い茎を投入する時の注意点は、投入前に出来るだけ2センチくらいまで刻むこと。

ジュース2杯分くらいまで搾汁したらいったん中身を掃除すること(簡単)が望ましいです。

面白かったのでずっとやり続けて繊維がつまってしまい後が大変でしたので(笑)