保護してきた猫の話

保護してきた猫の話

保護してきた猫の話

2週間前ほどに友人が拾って僕が保護した生後2か月位の猫が今家に居ます。というか膝に今居ます。

最初に我が家に来た時は箱から速攻脱走し、箪笥の裏に隠れ、寂しくヒャーヒャー鳴いてた猫でしたが3日程経ってご飯をあげたりすると段々懐いてきました。

僕が内職をしていると横でウロウロしていたのでなんとなく膝に乗せてみたらそこが凄く気に入ったらしく、今は僕が作業用の場所に座ると膝に乗ってきます。可愛い。正直凄く可愛い。だけど足がしんどい。肩も痛い。足が痺れる。けど可愛い。

膝で寝られると全然動けません。なるべく起こさないように必死になってしまいます。割とサボりがちな僕ですが強制的に作業用の場所に固定されるので内職がとても捗ります。嬉しいやら痛いやら。猫がトイレに行くと僕も血の巡りを良くするために立ち上がったり体操したりしますが。あれだ。エコノミー症候群になりそう。気を付けなければ。猫が膝に居るとかなりあったかいです。それは有益。あと可愛い。

今は1キロないのでまだ軽いんですが絶対にデブらせないようにしようと心に誓います。このままでは膝が壊死する。最初はあった警戒心が、今は全然警戒しないどころかひたすらついてまわられ、部屋を移動して置いていくと鳴き叫び、お前は野生に戻ることになったらどうするんだ。そんなんじゃ野生で生きていけないぞ!!!と肉球をつまみながら説教する毎日です。

今は小さいからここまで甘えたがりなんでしょうか。大きくなったらちょっとはマシになる?…

それはそれで寂しいな…

猫を飼うのは初めてですが僕も猫のいない生活には戻れないかもしれません。むしろこの子1匹じゃ可哀想かも。もう1匹迎えるべきか。というのが最近の僕の悩みです。いつの間にか家が猫に支配されそうで怖い。

でもなんか多分それは幸せなんじゃないかな。こうやって内職でちょっとずつ稼いではいますがほぼ猫の用品やご飯に消えていくんでしょうね。でも猫最高!長生きして!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*